写真
2020.07.03 15:00
「今の仕事で大丈夫?」コロナ転職を考える前に
不安を整理して伝え、自分にできることを見つけよう

写真

新型コロナウイルスの感染拡大により、人びとの行動は制限された。世界的に経済的影響が出ており、金銭的な不安が出ている人も多い。家計調査(二人以上の世帯)によると、2020年4月の消費支出は前年と比べて11.1%の減少が見られた。前月と比べても、6.2%減少している。
<参考:総務省/家計調査報告>

自粛を迫られた飲食店や個人経営の店舗が、次々閉店に追い込まれるニュースも耳にする。6月5日現在、雇用調整の可能性がある事業所数は35,482事業所、新型コロナウイルス感染症に起因する解雇等見込み労働者数は 20,933人となっている。
<参考:厚生労働省/新型コロナウイルス感染症に起因する雇用への影響に関する情報について(6月5日現在集計分) >


経済的不安が大きく、先の見えない中、「自分の仕事は大丈夫だろうか」と考えている人も多い。職を失う「コロナリストラ」が問題視され、新たな職探しが難しいと予想される一方で、現在の仕事を手放す「コロナ退職」の需要も増えているという。

明確に変えたいポイントがある人も、漠然とした不安があるまま仕事を続けている人も、今考えたいことはなんだろうか。














a