写真
2020.01.17 14:00
未来に残したい日本の美しい自然
日本の四季があぶない! 気候変動は私たちからなにを奪うのか?

写真

2019年9月より発生し、今もなお続いているオーストラリア森林火災のニュースを見たことがあるだろうか。

火傷したコアラの姿や、燃え盛る炎のなかを逃げ回るカンガルーの姿など、ショッキングな写真が報道されている。今回、日本の森林面積の約40%にあたる1000万ヘクタールの森林が消失し、野生動物は10億匹が死んだともいわれている。


火災の被害が広がった背景には、気候変動が大きな影響を及ぼしているという。2017年頃から深刻化している干ばつによる乾燥と高温、これらが火災発生のリスクを高めるとオーストラリア政府は警告している。また、雨が降らないことによる水不足の問題も深刻化しており、動物たちの生態系にも影響を及ぼしているという。

日本で自然災害というと地震や台風をイメージする人が多いのではないだろうか。
林野庁によると、最近の5年間(平成25年~平成29年)で発生した林野火災は平均で1年間に約1400件だという。
日本で発生した林野火災のうち原因

〇たき火(29.1%ともっとも多い)
〇火入れ
〇放火(疑い含む)
〇たばこ
<出典:林野庁 / 山火事の直接的な原因にはどのようなものがあるの?>
自然発生の森林火災は正直なところ日本ではあまり馴染みがなかった。今回のオーストラリアのニュースは気候変動の恐ろしさを多くの人々に実感させ、自分たちが思っている以上に「地球が危険」だと知らしめた。

オーストラリアの若者たちは、学校を休んで政府などに地球温暖化対策の強化を求めるデモに参加する。日本でそのような事例は少なく、まだまだ行動を起こすハードルが高い。環境問題を「自分の未来にかかわる問題」として、もっと真剣に考えていく必要があるだろう。


そこで、2人の作家から気候変動が日本にどのような影響を与えているのか話を伺い、なぜ自然を守るべきなのか考えていく。