消防記念日(4/7)
消防の知識と理解を深めるために制定された日です。年々増加傾向にある火災の原因、放火。収集日を守ってごみを出す、倉庫に鍵をかけるなどで放火されにくい環境づくりをしましょう!


写真
2020.04.07 14:00
悪意ない拡散がフェイクニュースを現実にする?
フェイクが広がる前に止める、正しい情報の見分け方

写真

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、小・中・高等学校が休校となり、自宅勤務・時差通勤をしている人も多い。イベントの中止が相次ぎ、街は普段より閑散としていて、3月という時期もあってか、東日本大震災の自粛ムードを思い出す。

東日本大震災では、全国的に大きな混乱が見られた。千葉県市原市のコスモ石油千葉製油所の火災により「有害物質が雲などに付着し、雨などといっしょに降る」という、フェイクの書かれたチェーンメールが回ってきた記憶のある人も多いだろう。

熊本地震の際には「動物園のライオンが、檻から逃げ出した」というツイートが出回った。ライオンが逃げる写真も同時に広まり、信憑性が高いように思われたが、投稿者は偽計業務妨害の疑いで逮捕された。

現在「お湯を飲めば予防できる」「誰が感染した」など、コロナウイルスに関するフェイクニュースが多く出回っている。トイレットペーパー買い占めも、元々は「トイレットペーパーは製造元の多くが中国だから、今後品薄になる」という情報がきっかけだが、実際の生産元はほとんどが国内だ。しかし不安になった人が店頭で大量に買い求め、本当にトイレットペーパー不足が起こった。

非常時には不安がつきまとい、関連する情報には真偽を問わず飛びついてしまう。間違った行動に出たり、誰かを困らせたりしないため、どうしたらフェイクニュースに騙されないかを考えていく。